医者

腎臓の病気

今後の動向

お年寄り

初期の腎臓病には自覚症状がありません。まれに尿に症状が出て発見することがありますが、基本的には肉眼では派遣することがほぼできません。腎臓病にかかってしまうと、老廃物を尿中に排泄できず血液中に有害な物質が溜まってしまいます。高血圧になったり腎臓が機能しなくなってしまう可能性もあるので定期的に尿検査を行うことが大切です。腎臓病の患者は今後ますます増加していくことが考えられます。自覚症状が無いので気づかぬうちに病が進行して、より病を悪化させてしまう可能性があります。しかしその分医療が発達してきているので早期発見の患者も増えていくことが考えられます。いずれにしろ定期的に診察を受けることが重要なポイントとなってきます。

食事面においての工夫

腎臓病の食事療法でのポイントを知っておくと症状の進行をふ防ぐことが可能です。まず、食事療法は症状によっても異なってくるので、医師の判断に従った食事療法をしなければいけません。まずはタンパク質を摂りすぎないようにしましょう。尿素窒素やクレアチンなどが少なくなり腎臓への負担が軽くなります。尿素窒素やクレアチンは腎臓からしか排泄されないので、これらが増加してしまうと腎臓に負担がかかってしまいます。塩分を控えめにしましょう。特に高血圧の方は円分を抑えることが必要です。塩分を控えることで腎臓のナトリウムを排泄する機能を向上してくれます。ただ食事制限をすれば良いというわけではありません。正しい食事療法を行って、腎臓病を改善していきましょう。

腎臓を守る生活習慣

お年寄り

腎臓病は、自覚症状がない病なので注意が必要です。糖尿病と腎臓病は食事で似た傾向があるので、糖尿病が多い現代ではより注意しなければなりません。腎臓病は。食事でたんぱく質や塩分、エネルギー、カリウム、リンの摂取バランスが必要になってきます。とりすぎると病気になるので注意しましょう。

Read more...

腎臓病の食事

医者

腎臓病食はタンパク質・塩分・カリウム・カロリーの面で厳しい食事制限が必要なため宅配サービスを利用すると便利です。その際はメニューに書かれている栄養表示をしっかり確認しましょう。食事制限を楽しく行うことで腎臓病の改善、悪化の防止につながります。

Read more...

美味しく健康的な食事を

お年寄り

腎臓病の人は、食塩を制限することが求められています。普段お食事で、自炊が難しい人には、とても難しいことです。そのような人に、腎臓病食の宅配弁当は、とても頼りになります。最近では、保健師と栄養士が、利用者に合わせたメニューを考案する業者も現れました。

Read more...